前の記事 次の記事

どうしたいか解らない病の処方箋

第五回 トランプの嫁や娘のメイク、どう思う?

2016.11.25

文/菊地 成孔

絵/瓜生 太郎

現在コレは、いつものようにテレビ(地上波)を消音にして、チラ見しながら書いているのですが、まあドナルド・トランプばっかりですね。ワタシは反ヒラリーとか、反リベラルとか、或いは誕生日が自分と同じ(6月14日。ちなみにエルネスト・チェ・ゲバラさんも、大塚寧々さんも同じです)ということでは全くなく、トランプが絶対に当選すると、一瞬たりとも疑っておらず、世界中の全メディア、全コメンテーターに対して「お前ら本当のバカだろう。インターネットの見過ぎだ。自分で見て、自分で考えてみろバーカ。トランプに決まってんだろ、後で吠え面かくなバーカ」と、バカを3つも使って、大いに笑いながら罵っていたので現在大満足なわけですが、やはりヒラリーは、大変な多忙の中とはいえ、健康管理を怠ったと思います。目力だけギラギラしちゃってね。

病気は気の毒ですが、そして、50代ぐらいまでの美魔女ぶりに戻せとは口が裂けても言いませんが、相手がバカで自滅するに違いないとタカをくくったか、健康的とはちょっと言えない肥満や、体幹が衰えていそうな(支持者との握手会で、いちいちフラフラしてましたしね。屈むだけで)姿を晒してまで、合衆国の大統領を任されるという事は、ちょっと考えられません。

合衆国民は、肥満とうつ病という2大国民病と闘い(ほとんどが負けている)ながらにして、加齢による衰えを病的に気にしている訳で、それに比べると、トランプ陣営、つまりトランプ一家は、政策だとかキャラクターだとか、シンクタンクだとかいう遥か以前に「全員、むちゃくちゃ健康そう」というアピアーが、世界中の人々の意識の片隅に、着実に訴え続けていたと思います。

つまりワタシは、トランプの勝因を「健康」と捉えており、これの指摘が出来ているコメンテーターは、今のところマスメディアには一人もいません、全員が、自分の予想が外れた事のリカヴァーに屁理屈つけるのに必死。顔真っ赤っか。といった所でしょう。

まあそれは兎も角、かくして合衆国大統領戦を制してしまうほどのヘルシー、そしてビューティーについて、読者の皆さんはどう思われますか? あの一家の「美の基準」は、「ミス・インターナショナル的」を中枢に「懐かしの<スーパーモデル>的」「今は亡き<プレイボーイ誌>のプレイメイト的」「日本では好事家しか興味はないが、ヴィクシー(下着のブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の略)的」と、90年代から現在までを貫通する太い幹を形成する一大勢力に忠実だと思うのですが、あれって「アメリカのものであって、全然日本とは別次元〜」と思われます? それとも、かなり身近なモノになって来てます?

53歳、インスタグラムやってません(つうかSNS何もやってません)、その代わり、ミス・インターナショナルが地上波でやっている頃からうっとりしていた筋金入り、といった身としては、正直、読者の皆さんの意識調査は予想もつかない。というのが本音なんですが、「トランプの大統領としての評価」は、少なくとも最初の任期ぐらいまでは、あの一家の「健康と美」がどう評価/認識されるか? にかかってくると思います。

女子アナさん方(特にフリー転向組)の株価が低迷し、女子アスリート(厳密には「アスリーテス」)さん方の株価が急騰し、我が国の政治に於いても、小池先生、蓮舫先生、稲田先生らのビューティー&ヘルシー指数のあり方が、政策やキャラクターを超えて、評価基準のトップに(陰ながら)君臨している、としか考えられない現在に於いて、「健康と美」そして「不健康と美」という諸刃の刃的なパラメーター、美容整形やコスメティーク、ボディメイキング、といった諸要素の混乱に近い飽和状態は、大げさでなく、人種、経済、政治、宗教を超えた(包含した)今後の世界を映し出す鏡であるとしか思えません。

クリエイターの紹介

菊地 成孔

音楽家 / 文筆家

1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。http://www.kikuchinaruyoshi.net/

瓜生 太郎

イラストレーター

東京都在住。ファッションをテーマに女性を描くことを得意とし、シンボルマークのような図形的描写とシンプルな色使いが特徴。主な仕事に、銀座三越ウインドウディスプレイや表参道ヒルズシーズンヴィジュアルなどがある。http://tarouryu.com/

もっとみる

こちらもおすすめ