前の記事

今月の詩

女友達

2017.09.04

詩/Hanesana

女の子たちは ときどきわたしを呼び出す

「あなたは太陽で、わたしは月なの」

どうしてそんなことを言うのだろう

そんなことを言われたら 泣けなくなるじゃないか

お弁当箱をのぞいて

今度包丁の持ち方教えてあげるよ、と笑う

男だったら恋人にしたかった、と笑う

そんなときに返すちょうどいい言葉を

すらすら言える自分がいやになる

わたしだって 本当は月がいい

もう友達はいらないから

わたしを月だと言ってくれる人がほしい

 

選評/高橋源一郎

「太陽と月」とペアで表現される場合、太陽はポジティヴなもの、というか自主的、積極的なものに、逆に月は受け身なものと受け取られやすい。太陽は自らのエネルギーを燃やし、盛大に発光しているが、月は何もせず、太陽の光りを反射しているだけの存在なのだと。だから「あなたは太陽なの」といわれるとほめ言葉ということになるのだが、それ、ほんとうなんだろうか。「自分」という小さな天体が放出することばというエネルギーより、宇宙全体から放射されるエネルギーをすべて受け止め、反射する方が、ずっと素敵なことだと思うんですけどね。

こちらもおすすめ