「詩」を探しています。

応募要領

「詩」を送ってください

気軽に口ずさむように、きらっと心に感じたことが表現されている詩をお待ちしています。優れた文学作品としての詩を選び、発表しようというより、美しい生き方を詩のなかから教えていただこう、それを多くのみなさまに触れていただこうと考えています。すばらしい詩を送ってください。

審査員

高橋源一郎 たかはし・げんいちろう

高橋源一郎
たかはし・げんいちろう

1951年生まれ。小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授。
著作に、『さようなら、ギャングたち』(講談社文芸文庫)、『さよならクリストファー・ロビン』(新潮社)、『「悪」と戦う』(河出書房新社)、『ぼくらの民主主義なんだぜ』(朝日新書)、『民主主義ってなんだ?』(共著、河出書房新社)ほか多数。
撮影:菱沼勇夫

文月悠光 ふづき・ゆみ

文月悠光
ふづき・ゆみ

1991年生まれ。高校3年時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞。早稲田大学在学中に第2詩集『屋根よりも深々と』、2016年秋に初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』、第3詩集『わたしたちの猫』を刊行。
NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動中。
撮影:飯田エリカ

応募のきまり

  • テーマは自由です。
  • 日本語にて文字数は1200字以内。1行20字程度を目安としてください。横書きの入力となります。
  • 〆切は2017年5月8日まで。以降は入力できなくなります。
  • 応募者本人が制作した未発表の詩に限ります。
  • 他媒体との二重応募はご遠慮ください。
  • 応募作品は返却いたしかねます。
  • 郵送、FAXでは受付いたしません。
  • 優秀な作品は2017年6月(予定)以降、『ウェブ花椿』にて発表します。また、花椿特製の賞品をお贈りします。

応募規約

(個人情報取得の際の同意文書、以下よりサイトに掲載します)

個人情報等の利用目的および第三者への提供について

応募者からいただいた全ての個人情報は㈱資生堂がお預かりし、詩の公募に関する問合せ・審査結果の連絡、受賞記念品等の送付のためにのみ利用し、その他の目的では使用いたしません。また、当該業務の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合を除き、個人情報を応募者に断りなく第三者に提供いたしません。応募者からいただいた個人情報は、詩の公募終了後、㈱資生堂および業務委託先にて、責任を持って廃棄いたします。

提供いただく情報について

個人情報の記入は、あくまでも応募者の任意です。ただし、応募事項の記入に不備がある場合、また、応募者の住所・連絡先が不明で連絡ができない場合は、応募が無効となりますので、ご注意ください。

個人情報の開示等について

応募者からの個人情報等の利用目的の通知、個人情報の開示、訂正、追加又は削除、および利用停止又は第三者への提供の拒否権に関するご請求は、特別な理由がない限り適切に対応いたします。

㈱資生堂は、コンプライアンス部長を個人情報保護管理者とし、個人情報の保護を行なっています。

問い合わせ先

株式会社 資生堂 企業文化部 花椿編集室
104-0061 東京都中央区銀座7-5-5
TEL: 03-3575-5433 F AX: 03-3575-5434
電話による問い合わせの受付時間 10:00~17:00 (土日祝休)