東京コレクション 2017-18年秋冬ビューティーレポート Vol.01 DRESSEDUNDRESSED
前の記事 次の記事

Now, What!

東京コレクション 2017-18年秋冬ビューティーレポート Vol.01 DRESSEDUNDRESSED

2017.04.11

文/花椿編集室

写真/細倉 真弓

ファーストルックのモデルが着用していた黒い、大きなヘルメットや、キャップにおどる「CONTROL」「ISOLATION」の反転した文字が象徴するように、今季、ドレスドアンドレスドが提案したのは現代社会に対する問題提起。アウターやパンツはロングにワイドに、ビッグ・シルエットが社会の「規制」や「孤立」という状況に縛られない、スタイルの強さを表している。

一連の重厚なムードにやや軽さがあるのは、端々に織り交ぜられるスリットやレースなどの透け、そしてスウェットやショートパンツなどのカジュアルな要素に加え、ユニセックスさを強調したクリーンなメーキャップによるもの。

「メーキャップで施したのはファンデーションのみ。女性は男性のように、男性は女性のように、両性が歩み寄った状態を、マットな肌で演出しました。ファンデーションのみの場合、下地(スキンケア)はしっかりと整えて、いい状態にしておくことがポイントです。」(メーキャップチーフの渋沢知美・資生堂ヘア&メーキャップアーティスト)

渋沢知美・資生堂ヘア&メーキャップアーティスト
唇のもともとの色も肌色に同化させて

「ヘアはタイトなシルエットを基本に、適度なラフさを加えました。両性が近づくことをイメージしているので、似たような顔立ちの男女のモデルには同じような髪型を施すなど、ユニフォーミティ(一様、均一)さに重点を置いています」(ヘアチーフの豊田健治・資生堂ヘア&メーキャップアーティスト)

豊田健治・資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

媚びない潔い強さが魅力のユニセックス・スタイル。そのキーである「重過ぎないマット肌」は手軽に取り入れることができ、しかもすぐさまトレンドのムードが纏えるという、この秋おすすめのポイントだ。

※(手前のパクト)6月1日新発売 プレイリスト インスタントリップヴェール10
質感をマットに変える万能アイテムです。リップや肌にお試しください。

クリエイターの紹介

細倉 真弓

写真家

ユースとセクシュアリティを扱う写真及び映像作品を制作。写真集に『KAZAN』(アートビートパブリッシャーズ)、『Transparency is the new mystery』(MACK)、『クリスタル ラブ スターライト』(TYCOON BOOKS)、『floaters』(waterfall)など。http://hosokuramayumi.com

もっとみる

こちらもおすすめ