次の記事 前の記事

Now, What!

東京コレクション 2017-18年秋冬ビューティレポート Vol.04 tiit tokyo

2017.05.15

文/花椿編集室

写真/細倉 真弓

J・J・エイブラムス監督作品のSF映画『スーパー8』(2011年)に着想を得たという今回のティート トウキョウのコレクションは、映画の世界観をほどよくしのばせたような、ティーンネイジャーの遊び心や瑞々しさであふれている。

衣服の要所要所に編みこんだリボンや、素材の妙を活かした多種多様なオリジナルテキスタイルなどティート トウキョウを象徴するポイントを織り交ぜながら、今季はモーヴピンクのフードつきのアランセーターや、パジャマ風のモヘアジャケットなど、シルエットに適度な緩さをもたせたガーリーな、またノスタルジックな雰囲気をたたえたアイテムを揃えた。

子ども心の演出にはヘア&メーキャップも一役買っている。小さい頃に母親に結ってもらったようなルーズな三つ編みやハーフアップ、色とりどりのカラーが踊るメーキャップなど、無邪気な遊び心とノスタルジーを感じるヘア&メーキャップ。「今回は個性を活かして、一人ひとり異なるヘアスタイル&メーキャップを施しました。その様ざまなスタイルを統一するのが、“パステルカラー”のワンポイントメーキャップと今回ティート トウキョウが特別に作成した“リボン”。パステルカラーの色遊びや自分でメークを施したようなラフなタッチを演出することで、ティーン特有のプレイフルな雰囲気を表現しています」(豊田健治・資生堂ヘア・メーキャップアーティスト)

パステルカラーをリップや目じりにオン。思いがけない色使いが楽しい印象
ティート トウキョウが今回作成したリボンはヘア&メーキャップだけでなく、コレクションや招待状にも用いられた
宮本彩菜さん(左)と畠山千明さん
小松菜奈さん
豊田健治・資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

今季はフェンディの広告でジジ&ベラ・ハディット姉妹が揃ってツインテールで登場しているほか、シャネルのアイウエアコレクションにてケイト・モスの妹、ロッティ・モスがドーリーなウェーブヘアを披露するなど、ガーリーなヘア・メーキャップがトレンドの兆し。アクセサリーはシックなものを選ぶなど、少しエレガントな要素をもってバランスをはかるなどしてエターナルなガーリースタイルを楽しんでみたいところ。

クリエイターの紹介

細倉 真弓

写真家

ユースとセクシュアリティを扱う写真及び映像作品を制作。写真集に『KAZAN』(アートビートパブリッシャーズ)、『Transparency is the new mystery』(MACK)、『クリスタル ラブ スターライト』(TYCOON BOOKS)、『floaters』(waterfall)など。http://hosokuramayumi.com
http://hosokuramayumi.com

もっとみる

こちらもおすすめ