前の記事 次の記事

Now, What!

東京コレクション 2017-18年秋冬ビューティレポート Vol.03 Name.

2017.04.28

写真/細倉 真弓

文/花椿編集室

"THE WORK of Art in the Age of Mechanical Reproduction 複製技術時代の芸術作品"をテーマにしている「Name.」の2017-8AWショー。今季テーマは、”- A Delirious Odyssey - 妄想旅行”。友人が旅先で撮影した写真からインスピレーションを得たという。様ざまな国と時代のユースカルチャーをすくいあげた服からは、デザイナーが見る妄想の旅を連想させる。

ストリートモードのコレクションに合わせたメーキャップは、ごくナチュラルで、化粧っぽさを感じさせないトランスジェンダーな印象。ベースは、厚塗りを防ぐために肌あれをカバーしつつ、本来の肌色のワントーン明るいファンデをなじませ、素肌感を引き出す。ポイントメークは、地毛を生かしたアイブロウ、チークもリップも色をあえて使わず、目元はウィメンズのみはアイラインをON。無機質に見えるメークだが、モデルの個性に合わせて、ミニマムなポイントをそれぞれ作ることで垢抜けた雰囲気に仕上がっている。

ドライウェットな質感のヘアはゆるやかなウェーブと編み込みが独特な雰囲気を醸し出す
大胆に前髪に大小の編み込みを。ドライな質感と不均一なウェーブで、抜け感のあるスタイルに

ネイルはツートンカラー。上はマットなベージュ、下は自爪という組み合わせが新鮮に映る。質感をマットにすることで無機質なイメージを引き出し、主張をしないが、服とマッチしたポイントとなっている。

チーフを務めたSHISEIDOヘア&メーキャップアーティスト、中村潤氏
素肌を生かした仕上がりになる下地いらずのファンデーション

クリエイターの紹介

細倉 真弓

写真家

ユースとセクシュアリティを扱う写真及び映像作品を制作。写真集に『KAZAN』(アートビートパブリッシャーズ)、『Transparency is the new mystery』(MACK)、『クリスタル ラブ スターライト』(TYCOON BOOKS)、『floaters』(waterfall)など。http://hosokuramayumi.com
http://hosokuramayumi.com

もっとみる

こちらもおすすめ