次の記事 前の記事

Information

『花椿』に掲載された、詩人・蜂飼耳さんの詩も展示! 茅ヶ崎美術館「美術館まで(から)つづく道」開催中

2019.07.18

7月14日(日)~9月1日(日)まで、茅ヶ崎美術館の施設を超えて、周辺エリアをも作品制作の場所とした新しい展覧会「美術館まで(から)つづく道」が開催中です。
 茅ヶ崎市美術館のまわりは昔から細い道が入り組んでいるため「道に迷いやすい」といわれていましたが、ある弱視の方が「むしろ迷路のように楽しんだ」とおっしゃったそうです。しかし、このことばがきっかけとなり、物事を異なる認識や価値観からとらえるべく、障がい者やマイノリティと位置づけられることの多い人たちと取り組むインクルーシブデザインの手法を用いたフィールドワークが行われました。
 本展ではこのフィールドワークに参加したアーティストや研究者などの表現者が、その体験をもとに創作し、視覚、聴覚、触覚、嗅覚などのあらゆる感覚を用いた新たな作品が展開されます。
 2015年10月号の『花椿』に掲載された、詩人・蜂飼耳さんの「香り」をテーマにした詩が展示されるほか、表現者として資生堂の元グローバルイノベーションセンター香料開発グループ研究員、稲場香織が参加しています。8月25日(日)には、稲場香織とアーティストユニットMATHRAXさんによるトークイベントも開催されます。
一人一人が異なる感覚、価値観をもつこの時代。お互いを認め合い、ともにアートを楽しむことの大切さの気づきを与えてくれる展覧会です。ぜひ、道に迷いながら美術館を目指してみてください!

≪展覧会詳細≫
会 期:2019年7月14日(日)~9月1日(日)
時 間:10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日:月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)
会 場:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3 
(〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45)
http://www.chigasaki-museum.jp/

≪トーク詳細≫
稲場香織+MATHRAX(久世祥三、坂本茉里子)
日時:8月25日(日)10時30分~11時30分
無料、申し込み不要

もっとみる

こちらもおすすめ