次の記事 前の記事

Information

日常にある美しさの本質に迫る、『フィリップ・ワイズベッカー作品集』が 刊行&展覧会が開催!

2018.06.01

2000年の日本での初個展以来、日本で人気を博してきたアーティストのフィリップ・ワイズベッカーさん。JR東日本の「行くぜ、東北。」のポスターや東京駅の駅舎を描いた「とらや」の小型羊羹のパッケージなどで目にしたことがある人も多いはずです。『花椿』でも2014年4月号〜2015年12月号まで連載「SCIENCE & ART」で、資生堂の商品を美しく描いてくださいました。

 この度、半世紀にわたりつくり続けてきた作品の中から、2000年以降の作品を約700点収録したまさに集大成といえる作品集が6月11日(月)に刊行となります。鉛筆で描かれた独特のパースの作品を中心に、立体作品なども12のカテゴリーに分け紹介されています。また、パリのアトリエ取材やインスピレーションの源にもなるコレクション、ロングインタビューも掲載されています。アートディレクションは、日本初個展以来の友人である葛西薫さんで、なんとも美しい1冊。

 また、作品集の刊行を記念して、CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店(目黒)、パールブックショップ&ギャラリー(代々木上原)で展示も開催されています。生でみる新作の掛け軸作品は、究極なまでのワイズベッカーさんのこだわりが伝わってきます。線の描き方はもちろん、使用されている紙にもぜひ目を凝らしてみてください。

フィリップ・ワイズベッカー
1942年セネガル生まれ、フランスで育つ。66年、フランス国立高等装飾美術学校(パリ)卒業。68年にニューヨークに移り、アーティスト、イラストレーターとして活動を始める。現在はパリとバルセロナを拠点に活動。世界中で個展やグループ展を行っている。また、さまざまな企業の広告イラストで受賞多数。6月に、20年間の作品をまとめた作品集『フィリップ・ワイズベッカー作品集』を刊行。

《書籍概要》
『フィリップ・ワイズベッカー作品集  Philippe Weisbecker Works in Progress 』
価格:本体6,800円+税(パイ インターナショナル刊)
http://www.pie.co.jp/search/detail.php?ID=4981

《展示概要》※2カ所で開催中です。
「CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店」
日程:2018年5月25日(金)~7月1日(日)
住所:東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 2F
http://www.claska.com/

「パールブックショップ&ギャラリー」
展示日程:2018年5月27日(日) ~7月1日(日)
※木〜日のみオープン
住所:渋谷区西原2-26-5 パドラーズコーヒー隣
https://www.facebook.com/888books

もっとみる

こちらもおすすめ