前の記事 次の記事

Information

「椿会2017−初心−」を開催中

2017.04.14

資生堂ギャラリーでは、6名の作家によるグループ展「椿会展 2017-初心-」を開催中です。
本展は、2013年より、毎年春に展覧会を開催してきた「第七次椿会」メンバーによる5回目で最後となる展覧会です。

2013年に赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子の5名で結成された「第七次椿会」。2015年に、前年の赤瀬川の逝去にともない、新たにメンバーとしてダンサー・振付家の島地保武が参加。椿会で初となるパフォーミング・アーツの分野からの参加で、新たな風を吹き込みました。赤瀬川原平の作品は、2015年以降も毎回、展示しています。

 「第七次椿会」の「初心」というサブタイトルは、3.11から復興していく過程において、 初心を問い直す時期にあるのではないかという思いにより決められたもの。展覧会のロゴは、グラフィックデザイナーの仲條正義により、常に「初心」に立ち返る象徴として毎年新たにデザインされました。

<概要>
:2017年4月4日(火)-5月28日(日) 入場無料
開館時平日1100~1900祝11:00~1800
定休毎週月曜日(月曜日が祝日の場合も休み)
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生ビルB1F
TEL03-3572-3901
ら→資生堂ー公式サイト