前の記事

Information

「椿会」展、開催中

2016.06.01

<こちらの企画は終了しました。ご来場いただき誠にありがとうございました>
「椿会展2016-初心-」会場風景 撮影/畠山直哉

資生堂ギャラリー 第7次「椿会」展ご案内

東京・銀座の資生堂ギャラリーにて、赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子、島地保武による第7次「椿会」展を開催しています。

資生堂ギャラリーを象徴する本展は、1947年からつづく複数のアーティストによるグループ展です。絵画や彫刻、映像などさまざまなジャンルのアーティストが集うことで、同時代性を意識した世界観を紡いできました。

今年は、2013年に結成した第7次「椿会」の4回目。3.11の東日本大震災を受けて掲げた「初心」をテーマに、それぞれ想いのこもった作品を展示しています。昨年から新たに「椿会」に参加したダンサー、島地保武は自身初となる造形作品の展示だけでなく、リアルな空間でダンスを披露する予定もあり(※イベント詳細は以下ご参照ください)、今まで以上に幅広い領域の作品が並ぶ展示となっています。

〔概要〕
◦会期:2016年4月28日(木)~6月19日(日) ※毎週月曜休館
◦時間:平日 11時~19時、日・祝日 11時~18時 入場無料
◦会場:資生堂ギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
◦電話:03-3572-3901
◦詳しくはこちらから⇒http://www.shiseidogroup.jp/gallery

〔島地保武 ダンスパフォーマンス〕
◦日時:6月4日(土) 15時~19時
◦会場:資生堂ギャラリー(上記住所)
◦お問い合わせ:03-3572-3901
◦当日は休憩をとりながらのダンス・パフォーマンスになります。お申込みは不要です。

もっとみる

こちらもおすすめ