前の記事 次の記事

Information

写真家 永瀬沙世の個展「CUT-OUT」が開催中

2016.09.23

CUT-OUT 2016
inkject onaluminum plate
©sayo nagase

写真家永瀬沙世が、切り絵を意味する「CUT-OUT」と銘打った個展を開催します。
今作品は、切り絵の手法に挑み制作したもので、大きな紙をジオメトリックに切り抜き、大量にカットアウトされたペーパーの中で戯れる女性を撮影したシリーズとなっています。
本展に合わせ、10枚のアルミ板にプリントしたポートフォリオ(限定20部)と銀紙に印刷されたペーパーバージョン(限定300部)写真集も同時刊行される予定。

永瀬沙世(ながせさよ):写真家。1978年、兵庫県生まれ。現在まで7冊の写真集を制作し『Asphalt & Chalk』(2011年)、『PINK LEMONADE』(2013年)はパリを拠点とするストックホルムの出版社・LIBRARYMANより刊行。2016年夏には写真集/個展「SPRITE(スプライト)」を発表。

<概要>
会期:2016年9月23日(金)~10月8日(土)
開館時間:12:00~19:00
入場無料
会場:GALLERY 360°
住所:東京都港区南青山5-1-27 2F
電話:03-3406-5823
詳しくはこちらから→GALLERY 360°公式HP

もっとみる

こちらもおすすめ