前の記事

偏愛!資生堂

第20回 小林エリカ × 資生堂パーラーの紙袋

2018.04.24

文/小林エリカ

PHOTO/CHIHIRO TAGATA
(奥)2015年以前のデザイン (手前)現在のデザイン

実際に、銀座の地を訪れ、かの資生堂パーラーへ遂に足を踏み入れることができたのは、ずっと大人になってからのことだった。そこで私は、クラシックなボタンのついたエレベーターに乗り、白いクロスのかかったテーブルで、苺がのったケーキを食べながら、完全にうっとりしたのだったが、そう、思えば、その紙袋は、長らくずっと憧れだった。

 ブルーにゴールドがあしらわれたその紙袋。
 それをはじめて見たのはいつのことだったか。
 我が家では可愛い紙袋や包み紙なんかは必ず捨てずにとってあって、それを三人の姉たちが、せっせと手帳やノートに巻いたり、プレゼントをしまったりして、いつまでも大切に使っていたから。おそらくそれは誰かから頂いたものだったに違いない。とはいえ、その中身は、いつもあっという間に食べられてなくなってしまったから滅多にお目にかかれるものではなかったが。

PHOTO/ERIKA KOBAYASHI

 大人になって銀座の地へ毎日行くことはできずとも、資生堂パーラーのお菓子を頂いたり、買ったりは、できるようになった。
 そんな時の私は、いつも浮かれて、ちょうど洒落たハンドバッグを手にするようにして、その紙袋を見せびらかしながら、近所の通りを歩いている。

クリエイターの紹介

小林エリカ

作家/漫画家

1978年、東京都生まれ。2014年、小説「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)で第27回三島賞と第151回芥川賞候補に。主な著書に「彼女は鏡の中を覗きこむ」(集英社)、放射能の歴史を辿るコミック「光の子ども1、2」(リトルモア)、アンネ・フランクと父の日記をモチーフにしたノンフィクション「親愛なるキティーたちへ」(リトルモア)、作品集「忘れられないの」(青土社)など。
http://erikakobayashi.com
https://twitter.com/flowertv

もっとみる

こちらもおすすめ