前の記事 次の記事

偏愛!資生堂

第10回 鈴鹿可奈子×クレ・ド・ポー ボーテ ルージュエクラ

2017.05.17

文/鈴鹿可奈子

PHOTO/ CHIHIRO TAGATA

 一緒に出掛けるとき母はいつも、私の顔を見て言う。

 「口紅、つけた?」

 私はいつも、家を出る直前につけることにしている。まだ、と答えて支度を終えてから色のついた唇を見て、いいかんじと母が微笑むのは私が三十を超えた今も、変わらない。先日母方の実家を訪れた際、祖母がノーメイクの母に、唇ぐらい赤くしたらいいじゃない、と言うのを耳にして可笑しくなった。

  思えば私が幼い頃から、母はメイクをすれば必ず、きっちりと口紅を塗っている。当時は「落ちにくいリップ」といっても今ほどでは無く、家で使うマグカップにも母のものだけうっすらと桃色がのっているのを、大人の女性の証のようで憧れていた。

 そのためか、私が初めて施したメイクも口紅だった。ピアノの発表会か何かの折、ドレスでおめかしした私の唇に、母が自分の口紅を指先でとり、ちょこんとつけてくれたのだ。慣れない化粧品に、大人の女性は毎日こんな違和感を味わっているのかと一瞬気が遠くなったが、今と同じように私を見てにっこりと頷いた母にうながされて手鏡を見て、ほんのり色づいた唇が私全体を童話に出て来るお姫様のようにしてくれていることに、変な味などあっという間に忘れてウキウキしたのを覚えている。見た目だけではなく、中身もお姫様のように優しく柔らかく、ドレスを着ただけのときよりもずっと、一気に変身したように思え、自然と笑顔になった。まるで魔法だ、と思った。

  メイクをするのが当たり前になった今、出掛けに口紅を塗ることで、私の中のスイッチはそれぞれのTPOに合わせた「よそゆき」モードに切り替わる。真っ赤なリップで和装をまとい、しっとりと。ボルドーにドレスで、少し妖艶に。元気なオレンジ色で思い切り遊びに。

  毎朝、仕事に行くのに愛用しているのは、クレ・ド・ポー・ボーテのベージュ・ピンクだ。以前、撮影をしていただいた際にプロのメイクさんが、私に似合う色だと教えてくださった。肌になじみつつも少し血色がよくなるピンクがかったヌードカラーをまとえば、顔全体が途端に華やぐ。朝、まだ眠そうな目をしていても、一気に仕事に気分を移し、全身が目覚めるのだ。

  「口紅つけた?」

  今日も私はメイクの仕上げに自らに問い、にっこりと鏡を覗きこむ。映った私は似合う唇に自信を得て、元気に微笑み返してくれる。母が教えてくれた魔法を、私もいつの間にか一人で使えるようになったようだ。

クリエイターの紹介

鈴鹿可奈子

聖護院八ッ橋総本店専務取締役

京都市生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業、在学中カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンションにてPre-MBA取得。卒業後、信用調査会社勤務を経て、2006 年聖護院八ッ橋総本店入社。
「守るべきことを守ること、続けていくことが大事」という父・鈴鹿且久社長のもと、長い歴史と伝統の味を守り受けつぎながらも、新しい商品づくりに日々努めている。2011 年には新しい形で八ッ橋を提供する新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」を立ち上げた。
(撮影・蛭子真)

もっとみる

こちらもおすすめ