前の記事

空想ガストロノミー

束の間のいちご姫

2016.06.01

イラスト・文/田中 麻記子

イチゴ。こう見えて、実はバラ科の植物なんです。だからですか? ひと粒でもエレガントな存在感……。

パリのパティスリーのウインドウに並ぶイチゴのタルトを見るたびに、そのルビィみたいに輝く一粒の陰には、可愛い妖精が隠れているような気がして……。

私たちが視線をそらしている間、イチゴのタルトは小さな夢の舞台、妖精はイチゴのお姫様となって、踊り出す……。

La princesse de la fraise éphémère~束の間のいちご姫~は、あなたのデザートの中にもきっと隠れているはず!

クリエイターの紹介

田中 麻記子

画家

1975年 東京生まれ。フランス在住。
パステル、油彩を中心に制作、国内外で発表している。フランス生活を機に生まれた、水彩による「食べ物シリーズ」で、2016年1月初めてのアートブック「La collection gastronomique」(HeHe/ヒヒ)を出版。
http://tanakamakiko.com/

もっとみる

こちらもおすすめ