次の記事 前の記事

空想ガストロノミー

Magical Mystery Beets Go-Go

2017.10.16

イラスト・文/田中 麻記子

日本ではまだ、そんなに馴染みがないようですが、今月の主役は、ビーツ!
ロシアや北欧料理のイメージが強いこの野菜ですが、フランスのお惣菜屋さんではどこでも、茹でられ、細かいキューブにカットされたビーツが売られています。
切っただけでそのジュースで指まで真っ赤に染まり、ちょっとやそっと水で流しても落ちないほど!
また、切り口はぐるぐる渦巻き模様のサイケデリア。
そんなビーツを見ていたら、何故だか時代は70年代にTRIP!
マジックマッシュルームみたいに、一口かじれば、体はビーツ色に染まり、サイケなビーツ娘が現れる!!!

クリエイターの紹介

田中 麻記子

イラストレーター/画家

1975年 東京生まれ フランス在住
水彩、油彩、パステル、鉛筆を中心に国内外で発表。
食べ物デッサンの画集「La collection gastronomique」(HeHe / ヒヒ)、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン「Macaron Baby」のデザインを手掛ける。
photo:Aya Watada
http://tanakamakiko.com/

GIFアニメ制作協力/植木 駿

もっとみる

こちらもおすすめ