次の記事 前の記事

空想ガストロノミー

ミス・オーベルジーヌ

2017.08.24

イラスト・文/田中 麻記子

夏も終盤、ヴァカンスで静かだったパリの街にもほんの少しだけ、活気が舞い戻ってきたようです。小麦色に日焼けしてきたパリジャン、パリジェンヌたちが、至る所でヴァカンスの話に花を咲かせている光景もちらほら…

私はと言えば、フランス東部、ドイツ国境の街・ストラスブールで、ソーセージとポテトとビール三昧をしていた為か、おうちへ戻るやいなや、即、「和食」~!夏の「和」の良い感じの一品と言ったら…?「焼き茄子のおひたし」!

フランスの茄子って、丸っこいぽこんとしたいわゆる米茄子、色も真っ白や黄色、紫と白の霜降り模様!?みたいなものまであります。

やっぱり、まずは表面をよ~く焼いて…
ヴァカンスの続きみたいに、こんがり焼けたお茄子さんを見ていたら、あらあら勝手にショーが始まってしまったみたいです…
(鰹節に、おろし生姜も忘れずに!)

クリエイターの紹介

田中 麻記子

イラストレーター/画家

1975年 東京生まれ フランス在住
水彩、油彩、パステル、鉛筆を中心に国内外で発表。
食べ物デッサンの画集「La collection gastronomique」(HeHe / ヒヒ)、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン「Macaron Baby」のデザインを手掛ける。
photo:Aya Watada
http://tanakamakiko.com/

GIFアニメ制作協力/植木 駿

もっとみる

こちらもおすすめ