次の記事 前の記事

Heart of Fashion

マルニ創業者の娘カロリーナ・カスティリオーニに聞く PLAN Cと人生の楽しみ方

2019.06.24

文/呉 佳子

超過密スケジュールのミラノファッションウィークでは、どのブランドも来場者に強いインパクトを与えようとあの手この手と大掛かりな趣向を凝らす。そんな中、こぢんまりとした事務所スペースでのプレゼンテーションにも関わらず、際立った存在感で強い印象を残すブランドと言えば、PLAN C(プラン シー)。マルニを創業し2016年にデザイナーを退任したコンスエロ・カスティリオーニの娘、カロリーナが手掛ける新しいブランドだ。デビューは昨年。独特のプレイフルなデザインがかつてのマルニを彷彿とさせると話題を呼んだ。2シーズン目の今季は、ますます可愛くなった、とミラノを取材する編集者やジャーナリストの間では会期中、PLAN Cの話でもちきりに。

2019-20年秋冬プレゼンテーション

カロリーナのデザインを一言で言うならば、気負わないモード。マルニを送り出した抜群のセンスを持つ母親のもとに育ち、今は2人の子を持つワーキングマザーとして肩肘張らずにブランドを手掛ける。ファッションコンシャスになり過ぎないさりげなさが、今の気分にぴったりとくるのかもしれない。4月には世界初の旗艦店を東京・表参道にオープンし、ますます注目度が高まりそう。ブランドの世界観にも大きく反映されているカロリーナのプライベートについて聞いた。

カロリーナへの7つの質問
右下:デザイナーのカロリーナ・カスティリオーニ

Q1. PLAN Cはあなた自身が実際に着たいと思うものをデザインしているそうですね。日々の生活の中で大切にしていることは何ですか。典型的な一日というとどんな一日でしょう?
C : ファッションビジネスを営み、アートを愛する両親のもとで育ちました。子供のころは、放課後になるとよく彼らのオフィスを訪ね、そこで時間を過ごしたわ。ある種の美意識のようなものは両親から受け継いでいます。それにアートに対する情熱もね。

ビジネスウーマンである前に、私は妻であり母であることを大事にしたい。いつもプライオリティは変わりません。実は私、仕事とプライベートにはきっちりと折り合いをつける、とても現実的なタイプなんです。朝は子供を学校まで送り届け、その後バイクでオフィスに出勤。家族との夕食に間に合うよう帰宅して、子供たちが寝静まった後に、ゆっくりとバスタイム。こういう毎日のごく普通のアティチュードが、ブランドの世界観に大きく影響しているんじゃないかしら。私は個性的な服を身に着けることで、常に機嫌よく心地よく、同時に特別な気持ちでありたいと思っています。

2019-20秋冬コレクションから。
バッグのイラストはカロリーナのお嬢さんが描いた。

Q2. そんな日々の生活の中で、幸せを感じるときはどんな時ですか?
C : もちろん、家族と一緒に過ごす時間ですね。スキーを楽しんだり、一緒に旅行したり、美術展に行ったり、ヴィンテージの家具やオブジェ探しをしたり。

Q3. デザインのインスピレーションが訪れるのはどんな時? たとえばクリエイティブな気持ちに切り替えるときに行う儀式のようなものはありますか?
C : クリエイティブな気分に切り替えるためにとりたてて特別なことはしないわ。インスピレーションはいろんなものから得ています。目にしたイメージビジュアル、展覧会や建築物、あるいは本……。毎日の生活のあらゆるところから。
新しいシーズンのコレクションを製作するときにまず行うのはファブリックリサーチですね。私にとって素材は製作プロセスの言わば土台。使いたいと思う生地を組み合わせたり、色を選んだり。その後、形について考えていきます。

表参道の旗艦店には様々なタイプのアートオブジェもディスプレイされている。

Q4. 土台と言えば、家族の繋がりも、ビジネスの重要な基盤となっていますね。家族で仕事をすることの魅力は何ですか。きっと大変な面もありますよね。
C : ビジネスパートナーである父と弟とは何でもオープンに議論しています。私たちの関係で一番重要なのは、お互いに信頼しあい、それぞれが特定の役目と責任を持つこと。相手の役割には口出ししないけれど、すべてのことについて話し合って、何か問題に直面した場合は協力して解決します。全体のプロセスはとてもスムースだし、やりにくさは感じません。……少なくとも今のところは、ですね(笑)。

Q5. 最近の家族へのプレゼントというとどんなものですか?
C : イタリアの歌手、エリーザのコンサートのチケットを両親にプレゼントして、一緒に行きました。

Q6. お子さんたちの誕生日はどんな風に過ごしますか?
C : 私には5才の娘と7才の息子がいますが、彼らの誕生日会にはそれぞれの友達を招待するの。毎年、特定のテーマや遊びを決めるんですよ。マジシャンだったり、トランポリンだったり、レーザーゲームだったり……。

東京にオープンした基幹店内のようす。

Q7. 東京にオープンした世界初の旗艦店は、家のようにくつろげる空間が魅力です。最近、友人を家でもてなしたときのことを教えてください。
C : 友達を家へ招待するのは決まって週末。その方が時間に余裕がありますから。冬の間は毎週末、山の家で過ごすので、そこへ友人家族を招きます。まずは子供たちだけで早めの夕食を済ませてしまうの。その後、彼らが遊んでいる間に、大人たちはゆったりと落ち着いてディナーを楽しむというわけ。

無理をせず自然体、それでいて洗練されたセンスが光るカロリーナのプライベートライフについては、まだまだ聞いてみたいことがたくさん! でもそれはまた別の機会に。彼女独自のセンスがぎゅっとつまったPLAN Cのクリエイションにも大きな注目が集まっている。

PLAN C official website

クリエイターの紹介

呉 佳子

ファッションディレクター

資生堂ファッションディレクター
ファッショントレンドの分析研究やトレンド予測を担当。毎季、コレクション取材で世界を飛び回る……だけならカッコいいのですが、家では2児の世話に髪を振り乱す毎日。

もっとみる

こちらもおすすめ