次の記事 前の記事

Heart of Fashion

時代がようやく追いついた! サカイが先駆けたハイブリッドとは

2018.08.29

文/呉 佳子

2018-19年秋冬トレンド、筆頭にあがるキーワードと言えば断然、「ハイブリッド」。そのハイブリッド、すなわち“異なるものの掛け合わせ”をブランド立ち上げ当初からのシグニチャーとし、どこよりも先駆けたのはサカイだ。
得意とするのは異素材の組合せ。ニットの背中部分だけをシルクに切り替えて横姿にエレガントなシルエットを描いたり、柔らかな素材のプリーツスカートの両サイドを固めの布帛にすることで動くと波打つように揺れる、その揺れ方をコントロールしたり。
今季はダウンジャケットやウールのコート、MA-1など定番の型を一度解体し、それぞれのパーツをパズルのように組み合わせて一つのアイテムと成す、さらにハイブリッドを推し進めたコレクションを発表した。

今季のイット・モデル、カイア・ガーバーが着こなしたファーストルック。

首元から大胆に垂れたファーの下にはジャケット&パンツのフォーマルなスタイル……、と思いきや、袖の半分はカジュアルなカウチンニットが接ぎ合わされている。左右非対称という言葉を超えて、正面、後ろ姿、横向きと360度違った表情を見せるルックは、一点一点思わず見入ってしまう。

シューズも左はゼブラ、右はヒョウといったように、敢えて柄違いを履く提案だ。ハイブリッドのパイオニアらしい挑戦的なスタイルが印象深かった。

このハイブリッドが今季大きく広がったのは、「ダイバーシティ(多様性)」という時代の追い風を受けたから。
多様性はここのところデザイナーたちが取り入れるべきコンセプトの一つとして、数シーズンにわたり注目されている。ただし前季までは、多様性のファッションへの落とし込みとして主流だったのは、いろいろな人の好みに合わせカスタマイズできる服。何通りもの着方ができる仕掛けがあったり、袖や丈の長さが変えられる、ジップで開いたりストリングで絞るとシルエットが変わる、リバーシブルで着られるなど、言ってみれば可変性のあるアイテムだ。
それに代わって、今季新しく見えてきた傾向が、アイテムを構成する要素に種々雑多な多様さを取り入れた、つまり前述のハイブリッドな落とし込み。

さまざまな違いを受け入れ、美の在り方に寛容でありたい、という時代の気分は今季に留まらないだろう。とすれば、そんな気分を象徴するようなハイブリッドなスタイル提案は今後もしばらく続きそうだ。

クリエイターの紹介

呉 佳子

ファッションディレクター

資生堂ファッションディレクター
ファッショントレンドの分析研究やトレンド予測を担当。毎季、コレクション取材で世界を飛び回る……だけならカッコいいのですが、家では2児の世話に髪を振り乱す毎日。長男進学につき、ウワサに聞く“小一の壁”の洗礼を受けています。おしゃべりが上手になった2才の長女は最近「はぁー、つかれた!」「腰イタイ〜」と言い出して……。自分の口癖を反省中。

もっとみる

こちらもおすすめ