Heart of Fashion

センスよりも努力?! ドリス・ヴァン・ノッテンの意外な素顔

2018.01.26

文/呉 佳子

「好きなファッションブランドは?」と聞かれたとき、業界人も一目置く鉄板の答えを挙げるとすれば、それは紛れもなく「ドリス・ヴァン・ノッテン」だろう。ファッションの流行り廃りとは距離を置いているように見えて、実はトレンドのツボも押さえた玄人好みのブランド。そんなドリス・ヴァン・ノッテンのデザイナー、ドリスの素顔に迫る初めてのドキュメンタリーが今公開中だ。

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』劇中より、ドリス・ヴァン・ノッテン(右)© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

ドリスとは
ドリス・ヴァン・ノッテンは1986年のブランド立ち上げ以来、パリコレで活躍し続けるベテランデザイナー。ベルギー、アントワープの王立芸術学院卒業の同窓生5人とともに「アントワープの6人衆」と呼ばれ、デビュー時からその個性と実力を注目された。

オリエンタルなモチーフ、西洋の伝統的なファッション、カルチャー、音楽、アートなど様々な要素からインスピレーションを得てコレクションに落とし込むスタイルが特徴的だ。エスニックなテーマが多いため、それにハマるトレンドが出ていれば良いが、ときに外れたりと、以前は波があったと思う。が、ここ6、7年ほどはトレンドそのものが彼にようやく追いついたかのように、コンスタントにヒットを続け、パリコレでの自らの立ち位置を盤石にした。

ドリスのファッションの見所と言えば、色とプリント。色の組み合わせや美しい柄そのもの、あるいは柄と柄の合わせ方、色柄配色のバリエーションが絶妙で、どんなモチーフの扱いにも彼のセンスが光る。

たとえば菊の花プリント。ともすれば亜流の東洋趣味になりそうな意匠も、ドリスの手にかかれば洗練されたハイファッションに。

2017年春夏の菊モチーフ©Antoni Ruiz Aragó
2017年春夏のテーマは「日本×ヴィクトリアンスタイル」©Antoni Ruiz Aragó

意外に地道?!
映画ではそんなドリスの製作現場、華やかなショーの舞台裏にカメラが初めて潜入した。天性のセンスを持つドリスのことだから、瞬時にパーフェクトな配色、柄合わせを決め、さぞや華麗な仕事ぶりだろうと思いきや……何度も組み合わせを試したり、バランスや足し引きを熟慮する姿に目を奪われる。何事もスマートにこなすというよりは、粘り強く着実なプロセスを踏みながら努力を重ねる、意外に地道な一面が現れた。

大量のテキスタイルサンプルを前に構想をめぐらす © 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE
チームでテキスタイルを検討中 © 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

ショーへの思い
映画からはドリスのショーにかける熱意が伝わってくるが、ではショーとは一体、何のためにあるのだろう。

雑誌等へ一切広告を打たないドリスにとって、ショーはいわば世界に開かれた唯一の窓、重要なコミュニケーションの機会だ。そのシーズンの世界観をあますところなく、たった20分足らずの本番に詰め込む。服のコーディネートはもちろん、モデル、ランウェイ、演出方法、音楽、照明、会場の空間……、全てをコントロールして、彼の描いたビジョンを語らせるのだ。

実際、ドリスのショーは何年経っても風化しないその場の“空気”が見る人の記憶に刻まれる。まるで色とりどりの宝物のように鮮やかな彼のショーの思い出の中で、私が一つを選ぶとするならば、13年春夏だ。

殺風景なコンクリート打ちっぱなしの会場に、少し青みがかった照明、モデルたちの透明感のある雰囲気が蘇る。彼女たちは両手をスカートのポケットに入れて、静かに、かつ超然と歩く。そよそよと優雅に揺れるのは、花柄スカートの全面にあしらわれたラッフルや、ドレスを覆うオーガンジー。張りつめた緊張感と穏やかさが奇妙に共存する空気感を5年以上経った今でもはっきりと思い出す。

13年春夏コレクションより©Antoni Ruiz Aragó
グランジルックとクチュールを掛け合わせた13年春夏コレクション©Antoni Ruiz Aragó

100回のコレクション
「“魅力的”と人が反応するのは誠意と情熱。つまり作り手の心だ」と映画でドリスは言う。その言葉どおり、彼は一つ一つのコレクションを心を込めて送り出してきた。レディスとメンズ合わせて年4回、25年以上ショーでの発表を休まず続け、開催数は昨年100回を超えた。「着る人と一緒に成長できる服を作りたい」。積み上げてきたコレクションの軌跡が、現在のドリス・ヴァン・ノッテンというブランドの糧となっている。100回目の節目を記念して、初回から現在まで全てのショーを収めた回顧録も発刊。

『Dries Van Noten 1-100』(『Dries Van Noten 1-50』と『Dries Van Noten 51-100』の二冊が特別仕様のケースに入った限定版)Cover picture by Marcio Bastos

完璧主義過ぎて、休暇の際も分刻みのタイムスケジュール表を用意してしまう、というお茶目な一面から、インテリアの中で映える花選びのコツまで、カメラはドリスのプライベートの様子も捉えた。見終えた後に残るのは、温かく前向きな気持ち。「何ごとも全力投球」というドリスの意外に体育会系な発言に、物事を見事に成し遂げることに“魔法”はない、とあらためて思い知る。気持ちを謙虚に整えるにも、年の初めに最適な作品だった。

庭の手入れをするドリス © 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE
庭で採ってきた花を部屋に飾るドリス © 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE
メンズコレクションのフィナーレにて © 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

<映画概要>
映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』
公式HP:http://dries-movie.com/
劇場情報:ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、他にて上映中、全国順次ロードショー

<書籍概要>
『Dries Van Noten 1-50』 / 『Dries Van Noten 51-100』
著者:ドリス・ヴァン・ノッテン、スザンナ・フランケル、ティム・ブランクス
形状:210×275 mm /ハードカバー/400p
価格:各69€/90$/65£※英語版のみ
表紙写真:©マルシオ・バストス

『Dries Van Noten 1-100』
(『Dries Van Noten 1-50』、『Dries Van Noten 51-100』二冊が特別仕様のケースに入った限定版)
価格:140€/180$/130£※英語版のみ
日本価格:19,980円(税込)
表紙写真:©マルシオ・バストス
※二冊セットはドリス ヴァン ノッテン ショップ及び一部の百貨店内コーナーでも販売中

クリエイターの紹介

呉 佳子

ファッションディレクター

資生堂ファッションディレクター
ファッショントレンドの分析研究やトレンド予測を担当。毎季、コレクション取材で世界を飛び回る……だけならカッコいいのですが、家では2児の世話に髪を振り乱す毎日。長男進学につき、ウワサに聞く“小一の壁”の洗礼を受けています。おしゃべりが上手になった2才の長女は最近「はぁー、つかれた!」「腰イタイ〜」と言い出して……。自分の口癖を反省中。

こちらもおすすめ