クリエイターの紹介

花椿を支えているクリエイターの方々を紹介します

林 央子

林 央子
編集者

1988年資生堂に入社以来、2001年に退社するまで、花椿編集室に所属。当時の名物編集長、平山景子女史やアートディレクターの仲條正義さんから編集のいろはを学ぶ。古き良き資生堂宣伝部の自由な雰囲気や、銀座という独特な風土の中で国内外のクリエイターと交遊を深めた。フリーランスになってからは雑誌などに執筆するかたわら、02年にバイリンガルの個人雑誌『here and there』を立ち上げる。著書の『拡張するファッション』は水戸芸術館現代美術センターで同名の展覧会になり、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館へ巡回。編著に『Baby Generation』ほか。Andrew Durham『Set Pictures』は90年代にいち早く注目してきたソフィア・コッポラ監督の舞台裏写真集で、編集を手がけた。(画・小林エリカ)
http://nakakobooks.seesaa.net/

尾崎世界観

尾崎世界観
アーティスト

1984年生まれ。東京都出身。クリープハイプのヴォーカル、ギター。2012年にアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。16年に半自伝的な内容を綴った初小説『祐介』(文藝春秋)、その後エッセイ集『苦汁100%』『苦汁200%』(文藝春秋)を刊行。『小説トリッパー』(朝日新聞出版)「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)をはじめ雑誌などでも多数連載をもつ。9月26日に5thアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』を発売。
http://www.creephyp.com

山田全自動

山田全自動
イラストレーター

佐賀出身の浮世絵イラストレーター。ちょんまげ姿の人物のイラストに誰もがあるあると言ってしまいそうな一言を添えた作品が人気となりInstagramのフォロワーは30万人超え。
https://www.instagram.com/y_haiku/

haru.

haru.
編集者/モデル

『HIGH(er)magazine』編集長。1995年仙台市生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在学中。10代の6年間をドイツで過ごし、さまざまなカルチャーに慣れ親しむ。2015年『HIGH(er)magazine』を立ち上げる。ファッションやカルチャーだけでなく、政治やフェミニズムについてなど率直な記事が話題を呼び、ファッションブランドとのコラボレーションも行う。
https://www.instagram.com/hahaharu777/
http://hahaharu777.thebase.in

野崎有以

野崎有以
詩人

のざき・あい。1985年東京都生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。2013年より詩作をはじめ、2015年 第53回現代詩手帖賞受賞。2017年 第一詩集『長崎まで』(思潮社、2016年)によって、第22回中原中也賞受賞。2018年 平成29年度東京大学総長大賞受賞。

牧羽 貴彦

牧羽 貴彦
ライター

出版社を退社後、北半球を一周をし、フリーランスの商品及び広告企画とライターへ転身。主に担当していた美容は、コスメからヘアまで幅広いクライアントを対応。出版社時代に交換した名刺、約4,200枚のネットワークを武器に、精力的に活動中。

三浦直之

三浦直之
劇作家/演出家

1987年、宮城県生まれ。2009年、主宰として「ロロ」を立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当する。 自身の摂取してきたカルチャーへの思いをパッチワークのように紡ぎ合わせ、さまざまな出会いの瞬間を物語化している。2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。そのほか脚本提供、歌詞提供、ワークショップ講師など、演劇の枠にとらわれず幅広く活動中。2016年『ハンサムな大悟』第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート。
http://loloweb.jp/

ほりゆりこ

ほりゆりこ
イラストレーター

1978年大阪生まれ。デザインやイラストの本職のかたわら「大自然と一体化」をテーマに主に関西を拠点に活動するTent Sauna Partyに所属。著書にタナカカツキ(日本サウナ・スパ協会公認)との共著『はじめてのサウナ』がある。また、リトアニアのサウナハットアーティスト、ヴィクトリアからワークショップを受け「TSP式サウナハット」を考案・制作。お気に入りのサウナは「延羽の湯・鶴橋店」
http://tentsaunaparty.com/

大智由実子

大智由実子
ライター

洋書のディストリビューションを行うMARGINAL PRESSを立ち上げ、世界各国のインディペンデントマガジンやアートブックを日本に紹介。2016年よりサウナの魅力にはまる。趣味は世界のサウナ巡り。サウナ・スパ健康アドバイザーの資格も持つ。
https://www.marginal-press.com/

小林エリカ

小林エリカ
作家/漫画家

1978年、東京都生まれ。2014年、小説「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)で第27回三島賞と第151回芥川賞候補に。主な著書に「彼女は鏡の中を覗きこむ」(集英社)、放射能の歴史を辿るコミック「光の子ども1、2」(リトルモア)、アンネ・フランクと父の日記をモチーフにしたノンフィクション「親愛なるキティーたちへ」(リトルモア)、作品集「忘れられないの」(青土社)など。
http://erikakobayashi.com
https://twitter.com/flowertv

Lala Takahashi

Lala Takahashi
モデル

2002年生まれ。東京都出身。モデルとして多数のファッション誌やハイブランドのショーなどに抜擢され活躍中。
https://www.instagram.com/lalatakahashi226/
https://twitter.com/official__lala

野崎萌香

野崎萌香
モデル

東京都生まれ。『mina』『sweet』『andGIRL』をはじめとする多数のファッション、美容雑誌でレギュラーモデルとして活動中。ドラマや広告などにも出演し、活躍の幅をひろげている。
http://www.hirata-office.jp/talent_profile/woman/moeka_nozaki.html
https://www.instagram.com/moeka_nozaki/

Kanoco

Kanoco
モデル

兵庫県生まれ。『SPRiNG』『リンネル』『OZmagazine』など多くの雑誌でモデルを務めるほか、CM、広告、ミュージックビデオにも多数出演。著書に『カノコノコト』(宝島社)。趣味は写真と料理で、無類の白クマ好きとしても知られている。
https://ameblo.jp/mash-ro0m/
https://www.instagram.com/kanococo/

金澤正人

金澤正人
フォトグラファー

1988年、株式会社 資生堂に入社。資生堂クリエイティブ本部フォトグラファー。女優やタレントといった人物から商品写真まで、資生堂の広告写真を多数手がけている。(社)日本広告写真家協会会員。
https://masatokanazawa.myportfolio.com/

奥村智代

奥村智代
女将

芦原温泉べにや 女将。1968年、石川県粟津温泉 旅館「のとや」長女に生まれる。金沢女子短期大学卒業後、日本航空小松空港グランドスタッフとして4年間勤務。1993年芦原温泉「べにや」長男 隆司氏と結婚、女将業へ。二男二女の母。

山田智和

山田智和
映画監督/映像作家

1987年東京都生まれ。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。クリエイティヴチーム「Tokyo Film」主宰。サカナクションや水曜日のカンパネラ、Charaなどのミュージックビデオをはじめ、コマーシャル、短編映画などのディレクションを行う。また雑誌『EYESCREAM』にて「TOKYO-GA」を連載中。CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ受賞、ニューヨークフェスティバル2014銀賞受賞、GR Short Movie Awardグランプリ受賞。アジア太平洋広告祭(ADFEST 2018)FILM CRAFT 部門 ブロンズ受賞。Caviar所属。
http://tomokazuyamada.com/

藤井由依

藤井由依
フォトグラファー

女性のポートレイトをメインに花や水、光と影をテーマにし作品を制作。ファッション誌、ブランドのカタログイメージビジュアル、写真集などで撮影を多数担当。Roaster所属。
http://fujii-yui-photography.tumblr.com/
http://roaster.co.jp/

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

コムアイ(水曜日のカンパネラ)
アーティスト

1992年、神奈川県生まれ。「水曜日のカンパネラ」歌唱、主演担当。水曜日のカンパネラとしては、2月にアルバム『SUPERMAN』をリリース、3月に日本武道館で初めての単独ライブを行った。また、多くのミレニアルズを起用した2017-18年秋冬ドルチェ&ガッバーナのランウェイに日本人でただ1人登場。またTBSドラマ「わにとかげぎす」出演やNHK Eテレ「にほんごであそぼ」とコラボレーションするなど多岐にわたって活躍中。
http://www.wed-camp.com/
https://www.instagram.com/kom_i_jp/

最果タヒ

最果タヒ
詩人

1986年生まれ。2004年よりインターネット上で詩作を始める。詩集『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞受賞。詩集『グッドモーニング』で中原中也賞受賞。その他、小説、エッセイなども多数執筆。17年に、詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』が映画化。近作に、エッセイ集『きみの言い訳は最高の芸術』、エッセイ集『もぐ∞』、詩集『愛の縫い目はここ』、最新詩集『天国と、とてつもない暇』など。18年11月24日に、百人一首エッセイ『百人一首という感情』が発売する。
http://tahi.jp
https://twitter.com/tt_ss

住吉智恵

住吉智恵
アートプロデューサー/ライター

東京生まれ。アートや舞台についてのコラムやインタビューを執筆の傍らアートオフィスTRAUMARIS主宰。各所で領域を超えた多彩な展示やパフォーマンスを企画。子育て世代のアーティストと観客を応援する「ダンス保育園!!」代表。バイリンガルのカルチャーレビューサイト「RealTokyo」ディレクター。
http://www.realtokyo.co.jp/

川上ミネ

川上ミネ
作曲家/ピアニスト

愛知県長久手市生まれ。スペイン在住。ミュンヘン国立音楽大学・マドリッド王立音楽院卒業。2013年日本スペイン交流400年事業テーマ曲や「モリゾーとキッコロ」(愛・地球博/NHK)、「北斎 “宇宙”を描く」(NHK 総合)などの音楽を手がける。2016年より日本の暦72候を作曲した「ピアノが奏でる七十二候」がラジオ深夜便 (NHK ラジオ第1)で放送開始。

桑村祐子

桑村祐子
取締役

和久傳 代表取締役。1964年、京都府京丹後市に生まれる。ノートルダム女子大学を卒業後、紫野 大徳寺にて掃除と畑仕事を学びながら居候。1990年に家業の料亭 高台寺和久傳で女将修業を始める。郷里の丹後を愛し久美浜町に「和久傳の森」食品工房やレストランを運営する。2017年より 和久傳 代表取締役。

高橋愛

高橋愛
女優/モデル

モーニング娘。の第5期メンバーとして10年在籍し、第6代リーダー、Hello!Projectのリーダーとして活動。卒業後は女優としてミュージカルや舞台・ドラマにて活躍。雑誌でモデルとしても活動し、現在は各ブランドとのコラボアイテムも展開中。自身が責任監修した「 i ♡ magazine 」(アイラブマガジン/宝島社刊)が発売中。
http://ameblo.jp/takahashiai-blog/
https://www.instagram.com/i_am_takahashi/?hl=ja

黒柳徹子

黒柳徹子
女優

東京都生まれ。1953年にテレビ女優第1号としてNHKよりデビュー。司会者、女優、ユニセフ親善大使、エッセイストとして活躍。著書に『窓ぎわのトットちゃん』、『小さいときから考えてきたこと』など。10月よりテレビ朝日系で半生を描くドラマ『トットちゃん!』が放送。

はるな檸檬

はるな檸檬
漫画家

1983年宮崎県生まれ。2010年に宝塚ファンを題材にした「ZUCCA×ZUCA」でデビュー。他に自身の読書遍歴を描いた「れもん、よむもん!」、出産体験を描いた「れもん、うむもん!」、宝塚ファンの夫婦を描いた「タクマとハナコ」など。

Mappy

Mappy
ピアニスト/モデル

ジャズピアニスト。2001年生まれ。小学生から始めたInstagramがファッション業界の注目を集め、ファッショニスタとして、東京コレクションでは、中学1年生という若さでフロント・ロウとして招待される。国内外で、雑誌、CM、広告などで幅広く活躍。
https://www.instagram.com/bopmappy/

Shinya

Shinya
モデル

ファッションページをはじめ、女性誌で活躍する沖縄出身のモデル。器や工芸に造詣が深く、一貫したもの選びのセンスに定評がある。もの作りは長年のライフワーク。

山本奈衣瑠

山本奈衣瑠
モデル

「NYLON」「Vogue girl」「anan」など雑誌を中心に活動中。大のサッカー好きで、サッカー観戦はもちろん、サッカー番組のレポータ出演経験もあり。古着・アート・建築にも興味があり、普段からヴィンテージショップや美術館・個展巡り。色々な建築物を見たり写真を撮ったりするのが趣味。
https://www.instagram.com/nairuuuu/

林 佐知子

林 佐知子
ヘア&メーキャップ アーティスト

7年のサロン経験を経て、2013年SABFA入学。2014年資生堂入社。
http://hma.shiseidogroup.jp/hayashi/

伊藤 礼子

伊藤 礼子
ヘア&メーキャップ アーティスト

2002年資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、国内外コレクションなどでも多岐にわたり活動。現在、メーキャップブランド「SHISEIDO」では、カラークリエーションなど商品開発、国内トレーニングを担当。セミナー、ヘア&メーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/ito/

藤安 広人

藤安 広人
映像ディレクター

法政大学 / Los Angeles City College Cinema / Director of Photography卒業。SHOWstudio, AD STARS, EWAAC, MIAfff,BORNshortsFF, SpaceShowerMVA受賞及びファイナリスト。映像作家100人選出。
http://www.hirohito.us

ラブリ

ラブリ
タレント/モデル

モデルとしてさまざまな雑誌や CM 、テレビ番組で活躍する一方で、自身の世界観を綴った詩や写真、絵画の発表を行うなど、活躍の幅を広げている。
https://www.instagram.com/loveli_official/

谷口 丈児

谷口 丈児
ヘア&メーキャップ アーティスト

2004年資生堂入社。パリメンズコレクションや東京コレクション・資生堂宣伝広告などのヘアメークを中心に活動。資生堂「UNO」の商品開発・ソフト情報の作成にも携わる。
http://hma.shiseidogroup.jp/taniguchi/

田形千紘

田形千紘
フォトグラファー

静岡県生まれ。イイノスタジオを経て、現在は雑誌を中心に活躍。ライフワークとしてミャンマー、モロッコ、タンザニアなど世界各国をひとりで旅し、現地の人々の生活に入り込みながら写真を撮影し作品を制作。
http://chihirotagata.com

石田 美紀

石田 美紀
ヘア&メーキャップ アーティスト

2001年資生堂入社。資生堂の宣伝広告、広報活動における撮影でのヘアメークを中心にNY、パリ、東京コレクションなど多岐にわたり活動。またヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/ishida/

D.A.N.

D.A.N.
アーティスト

2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2016年4月20日に待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選ばれる。2017年4月に新作ミニアルバム『TEMPEST』をリリース。
http://d-a-n-music.com/

井村優三

井村優三
アートディレクター

(imura art planning)
実家の美術商の仕事で英国に滞在中、現代アートに目覚め、ギャラリストに。美術館などでの企画展も多数展開し、幅広い美術の世界をプロデュースしている。
主な企画展覧会は「ZIPANGU展:現代日本のアートシーン。」「ルネラリック:光への軌跡」「日本の色、四季の彩:染色家 吉岡幸雄展」「木梨憲武×20Years」「ガレとドーム展:美しき至高のガラスたち」「彫刻家 樂雅臣展」など多数。

吉岡更紗

吉岡更紗
染織家

京都で江戸時代より続く染屋で、当代の吉岡幸雄で五代を数える「染司よしおか」に生まれる。
アパレルデザイン会社勤務を経て、愛媛県西予市野村町シルク博物館にて養蚕、座繰り機での製糸、撚糸、染色、製織を学ぶ。
現在は、古法にのっとり天然の染料で染めることを生業とする「染司よしおか」で、制作を行っている。
(撮影・伊藤 信)

永松仁美

永松仁美
店主

「昂-KYOTO-」店主。京都生まれ。京都・古門前の骨董店の長女として育ち、結婚、子育てを経て、2008年京都・古門前に店を構える。2012年祇園に移転し「昂 KYOTO」をオープン。京都で出会った古いものと現代作家の作品を取り合わせたモダンな設えを提案し、自店のグッズのデザインやショップのコーディネートも手がける。

朝吹 真理子

朝吹 真理子
作家

1984年 東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。2009年 処女作の「流跡」を『新潮』に発表し、小説家デビュー。同作で2010年 第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を史上最年少で受賞。2011年 3作目である「きことわ」で第144回芥川賞を受賞。(撮影・新潮社写真部)

青柳 いづみ

青柳 いづみ
女優

2007年 劇団「マームとジプシー」設立に参加、2008年『三月の5日間』ザルツブルグ公演より「チェルフィッチュ」に参加。以降、両劇団を平行し、国内外で活動中。近年は飴屋法水(演出家)や金氏徹平(現代美術家)との共同作品の発表、今日マチ子との共作漫画エッセイ『いづみさん』の連載などもある。

Petra Collins

Petra Collins
写真家/モデル/アーティスト/キュレーター

1992年カナダ・トロント生まれ。15歳から写真を撮り始める。現在はNYを拠点に活躍し、海外版『VOGUE』『i-D』『CR FASHION BOOK』などの雑誌やカルバン・クラインなどのブランドキャンペーンへの参加、そしてSNSの発信を通して世界中のフォロワーの共感を得ている。新時代のフェミニズムを牽引するアーティストの一人として主に若い女性を被写体に、その身体からにじみ出る現代の女性らしさの描写に取り組む。
http://www.petracollins.com/

飴屋法水

飴屋法水
演出家

1978年唐十郎主宰の状況劇場を経て、1984年自身の劇団、東京グランギニョルを結成、演出家として独立。美術や音楽にも活動の場を広げ、1995年ヴェネチア・ビエンナーレ参加。その後「動物堂」を開店、動物の飼育・販売を手掛ける。2014年『ブルーシート』で第58回岸田國士戯曲賞を受賞。2017年秋には、演出を手掛ける舞台『を待ちながら』の上演が予定されている。

石田 悠介

石田 悠介
映像ディレクター

国内外のCM・ミュージッククリップ・ファッションムービーなどの様々な映像のディレクションを手がけながら、2015年には短編映画「Holy Disaster」を監督。国境やジャンルを越えて、独自の視点で映像を制作している。
http://www.yusuke-ishida.com/

大川 久志

大川 久志
イラストレーター

1984年生まれ。兵庫県出身、東京都在住。
http://hisashiokawa.com

瓜生 太郎

瓜生 太郎
イラストレーター

東京都在住。ファッションをテーマに女性を描くことを得意とし、シンボルマークのような図形的描写とシンプルな色使いが特徴。主な仕事に、銀座三越ウインドウディスプレイや表参道ヒルズシーズンヴィジュアルなどがある。
http://tarouryu.com/

大神 崇

大神 崇
ライター/編集者

1984年大阪生まれ。フットボールカルチャーマガジン「SHUKYU Magazine」編集長。原宿のオルタナティブスペースVACANT創設メンバー。企画・編集・執筆など、カルチャーからスポーツまで、ジャンルにとらわれず幅広い活動をしている。
http://takashiogami.com/

大森 克己

大森 克己
写真家

1963年 神戸市生まれ。1994年第9回キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。国内外での写真展や写真集を通じて作品を発表している。主な写真集に『サルサ・ガムテープ』(リトルモア)、『encounter』(マッチアンドカンパニー)、『サナヨラ』(愛育社)、『すべては初めて起こる』(マッチアンドカンパニー)など。
http://www.instagram.com/explore/tags/ginzaspacetimewalk/

岡澤 浩太郎

岡澤 浩太郎
編集者

雑誌『STUDIO VOICE』編集部などを経てフリーランス。2018年ブックレーベル「八燿堂」を開始、”美”の原始の風景を記した本『mahora』編集/発行人を務める。趣味はボルダリング(1級)。
https://www.mahora-book.com/

小谷実由

小谷実由
モデル

1991年、東京生まれ。ファッション誌やカタログ、広告でモデルとして活躍。趣味は純喫茶巡り。「#喫茶部」として、オリジナルグッズを制作するなど、多くの人に喫茶店の魅力を伝える普及活動にも力を入れている。
https://www.instagram.com/omiyuno

川尾朋子

川尾朋子
書家

6歳より書を学び、国内外で多数受賞。2004年より祥洲氏に師事。古典を学ぶ中で、点と点の間にある宙を舞う筆の動きに着眼した代表作「呼応」シリーズを発表。自身が文字の一部になる「人文字シリーズ」なども展開し、書の可能性を追求している。 阪急嵐山駅「嵐山」、NHK大河ドラマ「八重の桜」OP映像、NHK Eテレ「趣味どきっ!」講師、TEDでのパフォーマンスなどあらゆる媒体に登場する文字や墨表現を手掛け、好評を得ている。京都在住 四国大学特任教授。 

菊地 成孔

菊地 成孔
音楽家/文筆家

1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。
http://www.kikuchinaruyoshi.net/

今日 マチ子

今日 マチ子
漫画家

漫画家。1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。2014年に手塚治虫文化賞新生賞、2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門受賞。近著に『ぱらいそ』『百人一首ノート』『猫嬢ムーム』等。
http://juicyfruit.exblog.jp/
https://twitter.com/machikomemo

呉 佳子

呉 佳子
ファッションディレクター

資生堂ファッションディレクター
ファッショントレンドの分析研究やトレンド予測を担当。毎季、コレクション取材で世界を飛び回る……だけならカッコいいのですが、家では2児の世話に髪を振り乱す毎日。長男進学につき、ウワサに聞く“小一の壁”の洗礼を受けています。おしゃべりが上手になった2才の長女は最近「はぁー、つかれた!」「腰イタイ〜」と言い出して……。自分の口癖を反省中。

小島 聖

小島 聖
女優

3月1日生まれ。1989年、デビュー。1999年、第54回毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。多彩な役をこなす実力派女優として、映画、テレビドラマ、舞台、CM等多数出演。現在、舞台『DISGRACED/ディスグレイスト-恥辱』に出演中。
http://www.disgraced-stage.com/

佐藤健寿

佐藤健寿
写真家

世界各地の奇妙なものを対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。写真集『奇界遺産』(エクスナレッジ)は異例のベストセラーに。近著に『TRANSIT 美しき不思議な世界』(講談社)、『SATELLITE』(朝日新聞出版)など。TBS系「クレイジージャーニー」、NHK「ラジオアドベンチャー奇界遺産」など出演多数。
http://kikai.org/

澁谷 克彦

澁谷 克彦
アートディレクター

1981年 東京藝術大学美術学部卒業、同年資生堂宣伝部入社。「PERKY JEAN」「男のギア」「RECIENTE」「エリクシール」「ピエヌ」「ZEN」などの化粧品広告や企業広告を手がけ、「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ」など資生堂のグローバル展開におけるクリエイティブディレクションも担当。2012年より『花椿』誌アートディレクター。2012年 亀倉雄策賞、東京ADC会員賞。他に東京ADC賞、NYADC特別賞、JAGDA新人賞、東京TDC金賞など受賞多数。

島田大介

島田大介
映像ディレクター

film maker / photographer / Qotori film Inc. 代表。数々のミュージッククリップ・コマーシャルフィルムを演出。小松菜奈主演の短編映画「ただいま。」監督。ダンサー森山開次氏の展覧会、ブランド”mame”毎日ファッション大賞のランウェイなど数々の映像演出を手がける。
http://qotori.tumblr.com

春風亭一之輔

春風亭一之輔
落語家

1978年千葉県野田市に生まれる。2001年日本大学芸術学部卒・春風亭一朝に入門。朝左久(ちょうさく)となる。2004年二つ目昇進、一之輔と改名。2012年一之輔のまま、真打ち昇進。寄席や落語会で日々出演中。公式HP「いちのすけえん」(写真©キッチンミノル)
http://www.ichinosuke-en.com/

鈴鹿可奈子

鈴鹿可奈子
取締役

聖護院八ッ橋総本店専務取締役。京都市生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業、在学中カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンションにてPre-MBA取得。卒業後、信用調査会社勤務を経て、2006 年聖護院八ッ橋総本店入社。
「守るべきことを守ること、続けていくことが大事」という父・鈴鹿且久社長のもと、長い歴史と伝統の味を守り受けつぎながらも、新しい商品づくりに日々努めている。2011 年には新しい形で八ッ橋を提供する新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」を立ち上げた。
(撮影・蛭子真)

田中 麻記子

田中 麻記子
イラストレーター/画家

1975年 東京生まれ フランス在住
水彩、油彩、パステル、鉛筆を中心に国内外で発表。
食べ物デッサンの画集「La collection gastronomique」(HeHe / ヒヒ)、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン「Macaron Baby」のデザインを手掛ける。
photo:Aya Watada
http://tanakamakiko.com/

たむらぱん

たむらぱん
アーティスト

2007年頃よりMyspaceを通して楽曲の発表を開始。2008年にメジャーデビューアルバム『ブタベスト』をリリース。作詞・作曲・アレンジからアートワークまでのすべてを自分で手掛ける。田村歩美名義で豊崎愛生や私立恵比寿中学など多くのアーティストたちに楽曲提供を行い、CM音楽等、活動のフィールドは多岐にわたる。

寺尾 紗穂

寺尾 紗穂
音楽家/文筆家

1981年、東京生まれ。2007年、ピアノ弾き語りによるアルバム『御身』でメジャーデビュー。 CM、エッセイの分野でも活躍中。2014年11月公開の安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)に主題歌を提供している。著書に『原発労働者』(講談社現代文庫)、『南洋と私』(リトルモア)などがある。
http://www.sahoterao.com

tofubeats

tofubeats
DJ

1990年生まれ、神戸在住。トラックメイカー/DJ。学生時代からインターネットで活動を行い様々なアーティストのリミックスやプロデュースや楽曲提供を行う。2013年4月にスマッシュヒットした「水星 feat.オノマトペ大臣」を収録したアルバム『lost decade』を自主制作にて発売。同年秋には森高千里をゲストボーカルに向かえた「Don't Stop The Music」でメジャー・デビュー。2015年9月にはメジャー2ndアルバム『POSITIVE』、2016年1月にはそのリミックス・アルバムとなる『POSITIVE REMIXES』をリリース。
https://tofubeats.persona.co/

中山 庸子

中山 庸子
イラストレーター

1985年生まれ。キャンバウェル・カレッジ・オブ・アーツ修士課程修了。イラストレーション、ドローイング、ブックアート作品などを制作、現在は東京を拠点に活動。
http://nakayamayoko.com/

ナガノチサト

ナガノチサト
イラストレーター

1984年生まれ。書籍、雑誌、CDジャケットやミュージックビデオなどでイラストを描く。近年では、文藝春秋『CREA』にてコラムの挿絵を担当。また、サカナクションの音楽番組『NFパンチ』にてオープニングイラストレーションを制作。
http://www.von3.com/

名久井 直子

名久井 直子
ブックデザイナー

1976年盛岡生まれ。武蔵野美術大学卒業後、広告代理店勤務を経て、2005年よりフリーに。
文芸作品を中心に、絵本、漫画など幅広く手がける。装幀を担当したものに『にょにょにょっ記』(穂村弘著)『楽しい夜』(岸本佐知子編著)、『琥珀のまたたき』(小川洋子著)、『宇野亞喜良クロニクル』などがある。

林 佐知子

林 佐知子
ヘア&メーキャップ アーティスト

7年のサロン経験を経て、2013年SABFA入学。2014年資生堂入社。
http://hma.shiseidogroup.jp/hayashi/

ひがしちか

ひがしちか
日傘作家

1981年長崎生まれ。手描きの絵や刺繍を一本一本施す一点物の日傘をつくる作家として「Coci la elle」を主宰。絵を描いて生きる覚悟、生み出すものへの責任、美しく強烈なビジュアルへの執着、日常への愛情が表現の原動力。清澄白河にアトリエと併設された本店がある。絵にまつわるプロジェクト「meme」でも活動中。

藤井 陽介

藤井 陽介
ファッション・デザイナー

1987年生まれ。イギリス、ロンドンのセントマーティンズ美術学校を卒業後、数年に渡りヨーロッパ各地に滞在する。帰国後、画廊勤務を経てブランドを立ち上げる。
web: yosukefujii.com instagram: yosukefujii0108

古屋 秀恭

古屋 秀恭
ライター/編集者/翻訳者

「The Fashion Post」元編集長。現在はフリーランス(Northern Projects)。ロンドン大学SOAS政治学部卒。翻訳(日英・英日)の専門分野はファッション、カルチャー、アート、そしてIT。
http://www.northern-projects.com

細倉 真弓

細倉 真弓
写真家

ユースとセクシュアリティを扱う写真及び映像作品を制作。写真集に『KAZAN』(アートビートパブリッシャーズ)、『Transparency is the new mystery』(MACK)、『クリスタル ラブ スターライト』(TYCOON BOOKS)、『floaters』(waterfall)など。http://hosokuramayumi.com
http://hosokuramayumi.com

穂村 弘

穂村 弘
歌人

1962年札幌生まれ。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。エッセイ、評論、絵本、翻訳なども手がける。著書に『ラインマーカーズ』『世界音痴』『蚊がいる』『ぼくの短歌ノート』『にょっ記』『絶叫委員会』など。近刊に『鳥肌が』がある。

三宅 英正

三宅 英正
写真家

1986年岐阜県出身。08年よりフォトグラファーとしてイメージビジュアルの制作やドキュメンタリーの撮影に携わる。近年ではコラボレーションワークとしプロダクトを制作したり、企画のプランニングを手掛けるなど活動の幅を広げる。

森岡 督行

森岡 督行
店主

森岡書店主。森岡書店代表。著書に『BOOKS ON JAPAN 1931-1972』等。『芸術新潮』などで連載を行っている。『工芸青花』(新潮社)編集委員。同店のロゴが独・IFデザイン賞と英・D&AD賞を受賞した。

森本 将平

森本 将平
イラストレーター

1986年鳥取生まれ。東京在住。展覧会での作品発表、雑誌やCDジャケットなどのアートワーク制作で活動。2014年に個展「ゆうれい」を開催。
http://morimotoshohei.com/

山田 暢子

山田 暢子
ヘア&メーキャップ アーティスト

1998年資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、NYやパリ、東京コレクションなど多岐にわたり活動。メーキャップブランド「SHISEIDO MAKEUP」や「マキアージュ」におけるカラークリエーションなどの商品開発、現在は「ベネフィークセオティ」を担当。またヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/yamada/

ユーフラテス(EUPHRATES)

ユーフラテス(EUPHRATES)
クリエイティブ・グループ

さまざまな「研究」を基盤として活動しているグループ。研究活動から生まれる表現に根源的な面白さがあるという考えのもと、映像、アニメーション、展示、グラフィックデザイン等の開発に取り組む。近年の活動に、NHK Eテレ『2355』『0655』のディレクション、『ピタゴラスイッチ』の映像制作など。『ウェブ花椿』の「花椿実験室」は石川将也、山本晃士ロバートが主に制作。
http://euphrates.jp/

もっとみる

花椿について